• ホーム
  • コンセプト
  • メニュー
  • スタッフ
  • よくある質問
  • サロン情報
  • ニュース
  • ブログ
サロン内

ADDRESS
〒640-8323
和歌山県和歌山市太田696-7

TEL 073-475-9650

OPEN
11:00~19:00(最終受付)
※19時以降のご予約はお電話受付のみ。
※施術で電話に出られない場合がございます。

CLOSE 日曜・第3月曜

HOME > RE L'AMOUR

RE L'AMOUR

concept_haikei01.jpg



title_s1_pc.png

tophaikei1.jpg

植物幹細胞由来成分でフォローし、ナノ化されたヒト幹細胞由来有効成分が、今まで以上の美容、養毛作用を促進。

重要なのは、どこから採取し、どのようなプロフェッショナル作用を有する”のか?

採取される場所により目的が異なる幹細胞由来成分

ヒト幹細胞が美容のClef(読:クレ 訳:カギ)といわれる訳

clef.png「細胞の活性化」には正確なリガンドが必要
細胞の表面には、特定の形をしたカギ穴(レセプター)があり、そのカギ穴にピッタリ合うカギ(リガンド)となる物質が結びついて、はじめて活性が始まります。
ヒト幹細胞やヒト幹細胞培養液には、 細胞のカギ穴(レセプター)に一致するカギ(リガンド)となる成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)そのものが豊富に含まれていることがわかっています。
このため、組織再生効果があるとされ、再生美容の分野や化粧品の有用成分としての可能性が今後大いに期待されているのです。


ヒト幹細胞、ヒト幹細胞培養液に含まれる成長因子と遺伝子組換成長因子(ペプチド・大腸菌由来)との違い
大腸菌(バクテリア E. coli)は、各種の研究で材料とされるほか、遺伝子を組み込んで化学物質の生産にも利用されています。
化粧品に用いられる代表的な遺伝子組換成長因子(化学物質)としてはEGF、FGFなどがありますが、遺伝子組換成長因子が正確なリガンドとなりえるかどうかにも疑問がもたれています。
ヒト由来の幹細胞培養液に含有される成長因子は 遺伝子組換ではない安心感と正確なリガンド(成長因子)が豊富に含まれているとされ、近年、再生美容などで広く採用されるようになっています。

成長因子を進化から考える
生物学では生物は進化すると考えられています。進化とは、単純で一般的な生物からより複雑で特殊化した生物に多様化し、変化していくことです。(生物学の分類では、人間は、霊長類(霊長目)に属しています)
つまり、我々に必要な成長因子(サイトカイン)は単純で一般的な生物に比べ多様・多種になっており、一部の成長因子だけでは満足のいく作用は期待できないといわれています。
再生美容でヒト幹細胞培養液がよく使われる理由として、 その安全性とヒト由来の多様な成長因子がバランスよく、たっぷりと含まれているからといわれています。

ヒト幹細胞培養液は医療の現場でも注目されています
ヒト幹細胞培養液には成長因子やサイトカイン、インターロイキンやSOD等の酵素などの生理活性物質やコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの細胞外タンパク質成分が豊富に含まれており、シワ改善効果や美白効果、抗酸化作用、発毛・増毛効果等、様々な生理的活性効果が学術発表されています。


注目すべきはヒト幹細胞とヒト幹細胞由来の「成長因子・サイトカイン・ペプチド類」
再生医療でも注目される幹細胞サイエンス。美容の世界において再生医療を応用した技術はすでに実用化され、豊胸術や肌のしわなどを改善するアンチエイジング治療、薄毛治療などが確立、普及されつつあります。

c_phot2.jpgヒト幹細胞(脂肪由来)
細胞の分化・成熟を促進のプロフェッショナル

c_phot3.jpgヒト幹細胞(骨髄由来)
細胞ダメージの再生、保護/免疫増強のプロフェッショナル(サイトカインが豊富※1)

c_phot4.jpgヒト幹細胞(真皮由来)
皮膚由来の成長因子。抗老化、線維芽細胞活性、肌弾力増強促進のプロフェッショナル

c_phot4-2.jpgヒト角化細胞順化培養液(表皮由来)
有用な角質の組成を促進することにより、常在菌増殖・紫外線防御、インナードライに有用とされています。

※1サイトカイン・・・インターロイキン、インターフェロンなど。主に細胞の免疫・造血系の増強を促進させる


商品購入はコチラ


このページのトップへ